帳簿の種類と保存期間について

主要簿と補助簿

帳簿には大きく分けて、主要簿と補助簿があります。

青色申告ソフトを使用して帳簿をつける場合には、
補助簿に入力をしていけば自動で主要簿にデータを反映してくれます。

つまり、補助簿への入力だけで、
補助簿と主要簿が完成することになります。

主要簿 – 総勘定元帳と仕訳帳

主要簿には、「総勘定元帳(元帳)」と「仕訳帳」があります。
複式簿記において、これらの帳簿の作成は必須となります。

総勘定元帳と仕訳帳、
それぞれの帳簿が全ての取引を表示する内容になりますが、
表示の仕方が異なります。

総勘定元帳(そうかんじょうもとちょう)
→ 取引の内容を勘定科目ごとに分類した帳簿です。

仕訳帳(しわけちょう)
→ 取引の内容を日付順に記録した帳簿です。

補助簿 – 現金出納帳や預金出納帳など

補助簿には、現金出納帳、預金出納帳、仕入帳などがあります。
補助簿は、事業の内容に応じて作成するものが異なり、
必要なものだけ作成すればOKです。

会計ソフトによっては、用意されている補助簿が異なる場合や、
呼称が異なる場合があります。

代表的な補助簿には以下のようなものがあります。

現金出納帳
→ 現金での取引を記録する帳簿です。

預金出納帳
→ 預金での取引を記録する帳簿です。

仕入帳
→ 商品の仕入れに関わる取引を記録する帳簿です。

売掛帳
→ 商品を売り上げて、代金の回収が後日になる「売掛」が発生した時に記録する帳簿です。

買掛帳
→ 商品を仕入れて、代金の支払いが後日になる「買掛」が発生した時に記録する帳簿です。

帳簿の保存期間について

青色申告の場合、
これらの主要簿と補助簿は、7年間保存しておく義務があります。

また、決算関係の書類(青色申告決算書や確定申告書Bなど)や、
領収書・請求書などの書類も同じように、7年間保存しておく必要があります。

その他、契約書などの書類については5年間保存しておく義務があります。

帳簿・書類の種類 保存年数
帳簿(仕訳帳や総勘定元帳など) 7年
決算関係書類(青色申告決算書や確定申告書Bなど)
現金預金取引等の関係書類(領収書や請求書など)
(前々年分の所得が300万円以下の場合は5年)
その他の書類(契約書など) 5年

このページの先頭へ