青色申告で65万円控除を受けるための帳簿づけ

帳簿付け

青色申告で65万円控除を受けるために必要な帳簿づけについて、
できるだけ分かりやすく解説します。

青色申告65万円控除を受けるためには、複式簿記をつける必要があります。
1年間の会計記録を帳簿付けし、帳簿をもとにして翌年に確定申告します。

日々の取引の記録をつけた帳簿を確定申告の時に、提出するわけではありません。
つけた帳簿は、税務調査に入られたときのために保持しておくものです。

帳簿の種類について – 主要簿と補助簿

まず、帳簿の種類についてですが、
大きくわけて「主要簿」と「補助簿」に分かれます。

主要簿には、
「総勘定元帳」「仕訳帳」があります。

これらは複式簿記において必須のものです。

補助簿には、
「現金出納帳」「預金出納帳」「仕入帳」などがあります。

補助簿は、それぞれの事業に応じて、
必要なものだけつければOKです。

例えば、デザインなどの仕事で、
販売するための商品を仕入れる必要がない人は、
仕入帳を作成する必要はありません。

青色申告で最低限必要な帳簿は?

総勘定元帳と仕訳帳は、必ず作ります。
そして、必要に応じて補助簿をつけていきます。

今では多くの事業主が会計ソフトを使って帳簿付けをしています。
個人事業用の青色申告ソフトを使えば、
初心者でも簡単に帳簿づけができるのでソフトの利用をおすすめします。

青色申告ソフトを使う場合、
補助簿に日々の取引記録を入力していきます。

例えば、売上を銀行振込してもらったら「預金出納帳」に入力し、
事業用品を現金で買ったら「現金出納帳」に入力をします。

このように補助簿へ記録をつけていけば、
ソフトが自動計算をしてくれて「総勘定元帳」や「仕訳帳」に自動で反映してくれています。
そうやって帳簿付けをしていけば、
主要簿である「総勘定元帳」と「仕訳帳」は、年度末には自動で仕上がっています。

会計ソフトへの入力は最初は分からないことも出てくるかもしれませんが、
何度か入力していれば、あとは同じことの反復になるのですぐ慣れます。

その後、確定申告で提出をする「損益計算書」「貸借対照表」を作成することになるのですが、
これもほとんど会計ソフトが自動で計算をしてくれます。
必要に応じて、細かなところを手入力すれば仕上がります。

帳簿付けは発生主義で行う

会計の手法には、「現金主義」と「発生主義」があります。

青色申告で65万円控除を受けるためには、
発生主義で帳簿付けをする必要があります。

簡単にいうと、
発生主義は、収益や費用の事実がきまった日付で帳簿をつけるやり方です。
現金主義は、現金の動きがあった時にだけ帳簿をつけるやり方です。

例えば、
3月1日に、クレジットカードで事務で使う消耗品を買って支払いが確定し、
4月25日に銀行引き落としとなった場合

発生主義で帳簿をつける場合

3月1日の時点で費用を払うことが決まったので、
3月1日の日付で、まず帳簿をつけます。

消耗品費 / 未払金
(消耗品を買ったけどお金は未払い)

そして、4月25日の日付でも帳簿をつけます。

未払金 / 普通預金
(未払だったお金が銀行から引き落とされた)

現金主義で帳簿をつける場合

実際にお金の動きがあるのは4月25日なので、
現金主義の場合は4月25日の日付だけで帳簿をつけます。

消耗品費 / 普通預金
(預金口座から消耗品費が引き落とされた)

会計初心者にとっては、現金主義の方が簡単ですが、
65万円控除を受けるためには発生主義で帳簿をつける必要があります。

ただ、発生主義でも全ての帳簿付けが面倒になるわけではありません。

例えば、実際に店へ出向いて現金で消耗品を買う場合などは、
その場で経費が発生し、同時に現金の流れがあります。

経費や収入の発生とお金の流れにタイムラグがない場合には、
帳簿のつけ方は発生主義でも現金主義でも同じになります。

この場合どちらもこうなります。
消耗品費 / 現金
(現金で消耗品を買った)

作成した帳簿や領収書などの保存期間と提出

このようにして作った帳簿は、
確定申告の際に税務署へ提出するわけではありません。

青色申告で提出するのは、
「確定申告書B」と「青色申告決算書」です。
(確定申告書Bは2ページ、青色申告決算書は4ページ)

それらの根拠となる帳簿たちは、
定められた期間の間、保存しておくことになっています。
作成した帳簿や領収書は基本的に7年間、契約書などその他の書類は5年間、
保存しておく義務があります。

そして、もし税務調査が入る場合には、
すぐに提出できるようにしておく必要があります。

このページの先頭へ